"Henshin Ninja Arashi"

Just as actors change their performance as they age, so does the touch of Man Painter. In an interview, Professor Tetsuya Chiba said, "I can't write the length of Yabuki that I drew at that time with the same touch even if I am told to write it now." At that time, the touch changes at that time, so I'm told that I can not write with the touch I was drawing when I was young.

石森もそのようです。勿論、ジャンルによって意図的にタッチを変えているのは分るのですが、明らかに初期から中期、そして晩年では基本のタッチが変わっています。ちょうど、ビックコミックという大人が読める青年誌が出来てからの数年、「仮面ライダー」や「リュウの道」、「サイボーグ009」なら≪天使編≫の辺り。とても絵のタッチが劇画調で大人っぽいのです。

Actually, I like the touch of those days. It's delicate and profound, and I feel that it is a noble work with a product.

今回ご紹介する『変身忍者嵐』も、その一つ。最初の1ページ目を開くと、一瞬、これは「佐武と市捕り物控え」ではないかと思うほどの重厚感。本当に少年誌の連載なのかと見間違わんばかりです。

最初の「仮面ライダー」の連載もそうなのですが、萬画原作を読むと、ハリウッド映画のように、真剣に大人の作品としてヒーローものを創って貰いたいと思ってしまいます。

この絵柄を見ると、そのタッチから余計にそう思うのです。特に『変身忍者嵐』は、時代劇です。時代劇のヒーローは「ライオン丸」や「仮面の忍者赤影」など、それまでも無いわけではありません。基本的には、勧善懲悪で描く時代劇のドラマにヒーローは似合うシチュエーションです。「必殺仕事人」だって、昼の顔とは違う夜の顔を持つ、変身ヒーローです。

The bird person's design that imagined a hawk or an eagle is so strange that I think that only Ishimori can draw it. As an adult work, I am one of the heroes I would like you to remake.

Shotaro Ishinomori I saw