石森プロ公式ホームページ | 龍神沼
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
17682
page-template-default,page,page-id-17682,page-child,parent-pageid-17124,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

龍神沼

龍神沼のストーリー

 山間にある小さな村は、龍神祭と呼ばれる夏祭りの準備に活気を呈していた。龍神祭を見るために、都会の少年・研一は村に住む親戚の家を訪れた。一年前訪れた際、龍神祭を見逃したことを残念に思い、再度訪れたのだった。

 滞在先には、研一より少し年若い、ユミが待っていた。ユミに案内され、準備中の祭りの開催場所を見に行く。神社の近くにある沼で白い着物の少女を見かける。ユミによれば村にそんな少女はいないという。その夜、火の玉が落ちて、二軒の家が焼けた。神主によれば龍神さまのお告げに従わないためのたたりだという。不審に思う研一。火事現場でまたも白い着物の少女を見かけた。次の日、沼にスケッチに出かけた研一は少女と出会い、話そうと近づくが、林の木立の中に溶け込むように姿を消してしまう。少女への思いが募っていく。

 祭りの当日、着飾ったユミにも気が付かない研一に、ユミはすねてしまった。なだめて出かけた研一だが、祭りの会場で見かけた少女を追い、ユミとはぐれてしまう。林の中で少女の姿を追い求めるが、力尽きて寝込んでしまう。目覚めた研一は沼の近くではぐれたユミを見つけるが、ユミは泣いて拒絶する。そのそばを村長と神主が、悪巧みの成功を言い募りながら通っていく。悪巧みを聞かれたために、研一とユミを亡き者にしようとする村長。そのとき、白い着物の少女が現れ、龍神の名を汚したと村長に告げる。青空が一転、雷雨となる中、命をもって罪をあがなえと村長に迫る少女。しかし、研一のひとことが少女を押しとどめる。「き きみが 人を……殺すなんて だめだ やめて…… やめてくれ」。少女は龍神の姿を現し、天に昇って行った。

先生のコメント「龍神沼・自画自賛

――読んで字の如く、自分で自分の作品を褒めることを“自画自賛”という。旧作を再発刊する。しかも、その旧作について語るのは、幾ら遠慮がちに謙虚に、であっても、結局はどこかで自慢になってしまうものだ。ならば最初(ハナ)から褒めてしまえ、と。人は、他人にであれ自分にであれ、けなされるよりは賞賛されたほうが、ウレシイ。

――「龍神沼」の原型は、高校時代に描いた“落書ノート”のキャラクターメモにすでにある。どうやら長編の構想だったらしく、本誌には登場しないキャラクターも多い。村出身の自衛隊員など描いてあるところをみると、どうやら社会問題(当時の)を物語に盛り込もうと目論んでいたようだ。

――どんな長編作品になったのか、見てみたい気もするが(四十年もムカシの作品となると、作者も含めて、もう“別人”なのである。だからこそ図々しくも、自画自賛が出来る訳…である)、下手をすれば冗漫になって、本編ほどの“完成度”は、得られていなかったかもしれない。

その証拠のような事例がある。実は、本編に先立ち、『少女』に同じ話「龍神沼の少女」を、十ページ前後のダイジェスト版で発表したことがあったが、見事に失敗した。要するに本編ぐらいのページ数が適量、ということなのだろうと思う。

――そして、発表した時期もまた、ちょうど、のタイミングだった。田舎の生気都会への憧憬……など等が、自然のままの感性で作品に生かすことが出来た年齢だった、からだ。

“青春の一作”と評しておきたい。(翔泳社「龍神沼」1995年刊より)

こぼれ話

 「マンガ家入門」にストーリーの作り方、構成のしかた、構図のとりかたや、コマの使い方などのサンプルとして細かく解説しています。ぜひ、そちらも読んでみてください。

龍神沼のギャラリー

龍神沼の登場人物

研一

都会から田舎の親戚の家に遊びに来た少年

ユミ

研一に淡い恋心をいだく、親戚の少女

白い着物の少女(龍神)

沼のほとりで研一と出会い、惹かれあう少女。本当は沼の主の龍神