検索
Close this search box.
検索
Close this search box.

Tag: 東丈

ついに訪れたシグとの最終決戦。 集結したサイキックたちの力をひとつに挑んだ先に、 思いがけない展開が待ち受けていた! 向かうは宇宙の破壊者“幻魔”始まりの地。 そして地球の運命は…いかに? 石ノ森、平井の志を継いだ物語、いよいよ完結!
かつての敗北を思い起こさせる忌まわしき月…。 それを見上げる東丈たちの前に現れたプリンセス・ルナ。 しかし語りかけてきたのは“お母様に会ったの”と語る娘のステラだった。 自分の力を信じ、幻魔と戦う決意をした彼に、続々と仲間が集まる。 時空を越え、対峙するシグの口から発せられた思わぬ言葉とは…。 いよいよクライマックスへのカウントダウンが始まった!!
火竜との戦いに敗れたかに見えた東丈は…忽然と姿を消す。 一方、もうひとりの東丈たちの前に現れた老犬フロイが見せる、 プリンセス・ルーナとベガに訪れたかつての記憶。 “純粋な意識体”が語る“並行して存在する2つの真実の記憶”は、 いよいよ迫りくるハルマゲドンにどのような意味を持つのか。 ついに訪れた戦いのときの結末は…いかに!?
史上未曾有の危機に直面する世界。 立て続けに起こる天変地異。 さらに人類が自らスイッチを押してしまった核を喰らい、 たけり狂う火竜によって焦土と化す都市。 そこに立ち向かう“東丈”たち。 そしてダミアンと対峙する“もう一人の東丈”の前に現れたのは…!!! 物語はさらに風雲急を告げる!
“東丈”と対峙するダミアン。 彼が戦いを挑む理由…それは光と影の関係に似た相似形… しかし、その憎悪は“少女たち”によってかき消されてしまった上に、 あることで意識は激しく混乱する。 一方、突然あらわれた不明物体に慄く国際社会は、 “禁断の実”の行使を決断してしまう。 ハルマゲドンは、人類になにをもたらすのか?
絶対的な“幻魔大王の声”に、幻魔たちが抱き始めたひとつの問い。⎯⎯⎯“幻魔”はなんのために生まれたのか…?そして東丈の危機を救った黒き竜は、遠い昔に彼が“慈悲”をかけた元チビ幻魔のガモン。突然現れた巨大な滅びの象徴に国際社会も緊迫度を増す。一方、荒廃した新宿でダミアン・ヴラドと対峙する「もう一人の」東丈。人類は最後の審判の日を迎えたのか?
ゼムドとの“交渉”は、ステラの介入によって事なきを得たが…。直前にクローノと確認しあったお互いの「ベアトリスの釵」が持つ意味。執拗な幻魔の攻勢によって魔界へと連れ去られた東丈であったが、その力に守られたのか、思いもよらぬ既知の存在の出現で状況は一変する。やつは味方に転じたのか? それとも図りしれぬ企みなのか? 黒き竜と向かう元の世界に、何が待ち受けているのか?
黒き竜の前に立ちふさがるベガとイチエたち。 しかし黒き竜は彼らには目もくれず、 火球とともに現れた“幻魔”と戦い始める。 一戦を制した幻魔…ゼムドは、東丈に“商談”を持ちかける。 そこに提示された美しいビジョン。 幼き日の東丈を慰める優しかった姉との邂逅…。 はたして地球の運命はどうなる?
「ソコデ“黒キ竜”ガ目覚メル…ソレハ善悪ヲ超エテ君ニ関ワル存在ダ…」 イワンの予知により向かったロシアのとある街は、ゾンビーたちが蠢く“死の街”だった…。亡者たちを操っていた者の正体は?幻魔の司令官を狙う者が突然去っていった理由は?ついに対峙するその“存在”は何を意味するのか?
“リーダー”としてサイキックたちの前に導かれる東丈。ところが突然周囲は地獄の業火に焼き尽くされ、誰も彼も死んでしまった……かに見えた。が、それは仕掛けられた幻影…いや、未来の運命だと“彼”は言う。さらに、そこに現れた“影”が語りだす!未来に訪れるのは、希望か?絶望か?