ISHIMORI MAGAZINE 07は、2019年最後の配信になります。
今回の特集記事は、石ノ森が描いた「テクノロジー」
昭和の時代に石ノ森章太郎が描いていた「サイボーグ」「ロボット」といったテーマを取り入れた作品の中から、未来を見据えるかのようなテクノロジーを取り上げてみました。
「サイボーグ009」がプロジェクトのイメージキャラクターとして起用された、信州大学が研究・開発を行っている「サイボーグプロジェクト」について、携われている齋藤直人教授『先端領域融合研究群 バイオメディカル研究所 齋藤直人所長』へのインタビューも掲載しています。
また、秋田書店「チャンピオンRED」で好評連載中の「サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE」について、マンガを担当されている岡崎つぐお先生担当編集の小林氏へのインタビューも行いました。
【公式】石森プロYouTubeチャンネルでは、先日世田谷文学館で開催された「萬画家・石ノ森章太郎展 ぼくはダ・ビンチになりたかった」をレポートしております。

The next delivery of ISHIMORI MAGAZIE is the birth date of Shotaro Ishinomori, Scheduled for January 25, 2020 is.
looking forward to.