「星の子チョビン」第2回

I have two boys and I actively participated and raised as much as possible for child rearing. You can understand what you like with your child's eyes for the first time by touching the children. Born in this world, the character that first likes kids is probably "Anpanman". Every kid goes through this character to the extent that I think that this is surely common among children in all over Japan. Simple design, simple story, and baikin man, and many thought that it is a factor hitting children's minds that many characters appear.

 

Children are delighted with the fact that adults see cruelly, such as acts of cutting their own face made with Anpan to those who are hungry. Many children in childhood go through this "Anpanman" and move to "Doraemon". As I was a young boy, "Doraemon" was crazy and read, so I can understand the children's feelings well.

ここから、男の子たちは仮面ライダーやクレヨンしんちゃんに、女の子たちはセーラームーンなどに分岐していくのですが、男の子も女の子も、夢中になれる最強キャラクターは、先に挙げた二大キャラクターでしょうね。前振りが長くなりましたが、石森作品には、言わずと知れた「仮面ライダー」が、少年たちを熱くさせたヒーローとして君臨しておりますが、もっと小さな子供たちの心をくすぐるようなキャラクターがあっていいんじゃないかと思っていたのです。そう思って考えたら、あったんですよ。そういうニーズがあったら、こんなに的確に当てはまる素敵な作品はありません。

 

それが「星の子チョビン」です。妖精の星フェアリースターが悪党ブルンガに乗っ取られ、母と共に脱出をした、フェアリースターの王子様チョビン。しかし、母とは生き別れてしまい、地球のトンカラ森にたどり着き、少女ルリの家に住むことになります。森の動物たちと共に、母親を見つけ出し、父から託された「星のしずく」をフェアリースターに持ち帰り、悪党に立ち向かってゆく物語。こう簡単なあらすじを書いていくと、数々の正義の味方を描いてきた石森らしい設定だと改めて気付きました。

Shotaro Ishinomori I saw