"Baiya machi front and back cosmetics second part"

This "cosmetician" is the one who guesses that he started trying to portray a historical drama like never before. You can feel a lot of attempts in this work, including the new setting.
First of all, the hero's design, but it's not polite. It is semi-long hair, not remaining roses. The more modern hair of the 21st century is more stylish than it was when this work was drawn. As I always think, there is a foresight. Even so, the bristles of the bristles are split into two hands and bounce up to give an impression to the face.
For example, the hair styles of 009 and 002 of "Cyborg 009" are made up of Manga pictures, and because of the strong impression of that hairstyle, I think that person is memorable. Considering that, the face of the cosmetician Kozauma would be the impact of these eyebrows. Besides, if you take a closer look, there is a Kuroko between the forks on the right eyebrow. I think if there is sex appeal, there is a place to put it, such as under the chin or under the corners of the eyes, but I feel that Kuroko on this eyebrow is different from the author's others.

それと、作品を読み進めていくと、日本語のルビに片仮名の和製英語を多用していることも、今までの時代劇萬画ではお目にかかれない新しい試みだと思います。 自分の中で記憶が定かではないのですが、かつて作者はこう語っておりました。 「佐武と市捕物控」では、意図的に江戸や建造物、人物などを遠くからの目線で描く、俯瞰図を多用してるけど、この「化粧師」か「さんだらぼっち」か定かでは ないのですが、このどちらかの作品では、逆に人間目線の平面的な絵やアップの構図を意識して多用している、と。
その言葉も思い出しながら読みましたが、多分その試みは、この「化粧師」だと思いますね。 江戸の世界というより、人間を描こうとしている意図がはっきり見えます。 それと、明らかに現代と照らし合わそうとする気持ちも強く感じます。
化粧師のなかに「夜叉姫」という話があるのですが、売れない売春婦を、仕事場の家から、化粧まで一気に変えて、超売れっ子にする物語。 そのメイクが、ニューヨークのモデルでも通用しそうな奇抜なメイクとヘアースタイル。 着物の着せ方も、貧しさを逆手にとって、所謂、BORO Fashionに仕立て上げる。
この物語は、化粧師の初期の作品の中で、最もテーマが明確に現れた、そして、江戸時代のビジネス萬画だと称されることが理解できる、秀逸作品だと思います。

Shotaro Ishinomori I saw