"Sabuto and the capture of city capture - Sumidagawa Monogatari" Part 1

width = 212There is an editor called Konishi Yuunosuke who was in charge of Ishimori at Shogakkan.
Every year he always visits his house in the New Year, and he is drinking alcohol with Ishimori for many hours deeply.
At the time of the last hospitalization, I visited a wedding visit, I left a word saying "There were various things" toward the sleeping face of Ishimori wrapped around a pipe.
The moment I heard the gentle word filled with that love, as I broke the lacrimal gland, tears overflowed and stopped,
And, in that one word, it seems that all the relationships are condensed, and I was moved by the depth.
I think that they are surely like a battle friend.
The thought at that time did not go away at a time, as a matchmaker when I got married, only Konishi could think about.
With such a margin, I let the story of Ishimori frequently interfere with Mr. Konishi's home with a couple.
Although Mr. Konishi is a bit more upset, all that time is always spoken with a full smile.
There are the most impressive episodes among them.
In the period of creation of manga, most of the readers are young boys, and when it comes to hit works, Professor Fujio Akatsuka's "Osomatsu-kun"
Professor Fujiko Fujio's 'Okake's Q Taro' and all works supported by children.

There is a picture called "sunflower" drawn by Van Gogh. Some people feel vitality by watching it, others feel loneliness in the sunflower that they have dropped. Some people may feel chaos in the sunflower packed in a vase.
Besides, I feel like I do not care about concrete evaluation, whether it is good or bad, the curve is sweet, the quality of the paint is bad.

編集の方や業界の大人たちは石森章太郎というマンガ家の才能を誰もが認めておりましたし、その結果、原稿の依頼も途切れることなく次々と舞い込んできます。
熱狂的に支持をする読者も数多くいたのですが、描く作品、描く作品、低年齢層の読者に受け容れられることはなく、ヒット作と呼べるような作品はありません。
後に、マンガを読んでいた少年少女が青年期になり、「009」がヒット。
テレビの媒体に乗り大ヒットした「仮面ライダー」などもありますが、当時は、とてもマニアックな作家だったようです。
それだけ、子供が読むには、作品がどうしても大人っぽかったと、小西さんは語っています。
ある時、真剣な眼差しを僕に向け、こう言いました。
「章太郎を何とかしたかった。あいつの作品が万人の読者に正当に評価される雑誌を創らなきゃいけないと思ったんだ。それで、俺は創刊させた」
目から鱗とは、こういう事だと思いました。それだけ、この話は衝撃だったのです。
小西さんは、石森章太郎のために、マンガ史上初の、大人向けの青年誌を創刊させました。その雑誌こそ、【ビックコミック】だったのです。

「いよいよお前の時代が来たぞ」小西さんは、そう言って石森の肩を叩いたそうです。
少年誌では、余りにも大人っぽくて受け入れがたかった作風が、大人向けの青年誌であるならば、自由に羽ばたくことが出来る。
お互いに信頼し合い、そして、本気で石森の才能に惚れ込み、この男を何とかしたいという強い思いがなければ動かなかった事です。
当時、マンガは子供の読むものだと言われていた時代に、大人が読むマンガ誌を出版する、一人のマンガ家への思いが、漫画界に革命を起こしたのです。
手塚治虫先生と石森章太郎の二枚看板を、まず考えたと言います。
「あいつ、最初、俺に100ページくれって言ったんだよ」
石森は生意気だと、愛情溢れる笑顔で、そう言いました。
一度、少年誌で描いた、石森にとって初めての時代ものの作品に、編集長の小西さんは目をつけていました。
この作品ならいけると確信があったのでしょう。それが、『佐武と市捕物控』。
この作品の感想エッセーを書くはずが、タイトルを口にするまでに、一回分のほとんどを費やしてしまいました(笑)。
だけど、今までお話ししたことは、『佐武と市捕物控』を語るうえで、どうしても最初にお伝えしたかった事だったのです。
そのマンガ史上初めての大人向けの雑誌、ビッグコミックに初めて書き下ろしたのが、『隅田川物語』という作品。
今、読んでみても、その時の気合いが、ビシビシと伝わってくる画作です。
“100ページくれ”と啖呵を切ったのも、恐らく石森のなかで、相当な自信があったからに違いありません。
さすがに、100ページは割けずとも、60ページを創刊号で、一人のマンガ家に渡すのも異例だった事でしょう。
その快作、「隅田川物語」、次回はようやく、僕が感じた感想をお話しさせて下さい。

Read the second part ...

Shotaro Ishinomori I saw