"Robot Detective" Part 1

テレビ番組の企画を同時進行で萬画連載することは、「仮面ライダー」が史上初だったそうです。その大ヒットで、石森章太郎という萬画家は、特撮ヒーロー界の作品にはなくてはならない原作者となりました。同じヒーローという枠で、作品毎に差別化を図るために、様々なアイデアの工夫が見られます。

この「ロボット刑事」は、読んで字の如く、ヒーローが刑事という設定も当時にしては奇抜ではありましたが、そのうえ、ロボットという設定は、とても斬新でした。コスチュームも昭和のいかにも刑事の典型のような出で立ちにさせ、敢えて、先鋭的なデジタルロボットと両極にあるレトロな雰囲気と融合させ、あえて対比させているようにも思えます。

That hat is also a typical detective hat, and it's a combination of a robot and a hat that doesn't look good at first glance, but I'm sure I'm not the only one who feels the "taste".

In the manga work, the impression is that the hat is worn deeply to hide the true identity, but the design with exposed skin that seems to be a robot still makes me feel the melancholy of Ishimori hero.

テレビシリーズでは、どうしても子供番組として創られますが、萬画作品は、作者がやりたい世界を具現化しています。「仮面ライダー」のコミック版を読んだ時も同じ感想を抱きました。とても、大人っぽく重厚なのです。しっかり人間ドラマを描き、切なさや哀愁をヒーローが抱えています。

「ロボット刑事」も、そうです。本格推理萬画として読めるほど、作品に漂うムードがあります。特に、主人公の母なる存在である、巨神ロボットの“マザー”などは、萬画ではとてもミステリアスに描かれており、崇高な存在で、宗教的でもあります。

I'm not saying that the TV works at that time were cheap, but if the special effects hero work that the author imagined can be produced in Japan, not only ideas but also hero works that are comparable to Hollywood will be born. There is none.

Next time, I will talk about episodes related to Hollywood.

Shotaro Ishinomori I saw