"Salutobi Ecchan" Part 1

The serialization began with this work, the first issue of Weekly Margaret. Along with the magazine, E-chan also gave birth.
I think that it is very courageous to try to draw a gag manga in the girl manga magazine to be launched.
After all speaking of gag manga, boy's magazine is a staple.
However, I think that it was a challenge only for the author who challenges everything without experiments and without evolution.
The protagonist who gave rise to the challenge is such a wonderful character that remains in the heart of a person, as it is so rare and rare in manga history.

「おかしなおかしなおかしなあの子」というタイトルから、「さるとびエッちゃん」と変わってからも、「サイボーグ009」の如く、雑誌社や新聞社を変えながら連載が続きます。それは、多くの大衆から愛されていなければ成しえない事です。その後、テレビアニメにもなり、今でも主題歌が直ぐ歌えるほど印象に残り続けています。「♪どうしてエッちゃん、なぜだかエッちゃん、変だな、変だな、エッちゃん🎶」何故か、この歌のフレーズを耳にすると、甘酸っぱい切ない気持ちになります。

 

猛スピードで走り、怪力、動物と話が出来るなど不思議な能力を持つ、自称猿飛佐助33代目の子孫。そのエッちゃんを取り巻く騒動を描く物語。小柄で大きな瞳、「ドラえもん」や「アンパンマン」のように、子供でも書きやすいキャラクターは、子供受けする必須事項です。こんな愛くるしい顔をしているのに、言葉を話すと、訛りがあるのがまた堪りません。途轍もないことを起こしても、「エヘ」とお茶目な一言で済ましてしまう女の子。口角が上がるくらいしか表情を変えずに、淡々と事を起こすことが、逆に魅力的なような気がいたします。「ちゃんちきガッパ」という石森ギャグマンガの主人公でもそうなのですが、このエッちゃんも、クリクリしたお目々でキョトンとしながら平然と凄い事をやり、周囲があたふたする構図。漫才で例えるなら、主人公がボケで、周囲がツッコミとなるのでしょう。

 

This work was serialized in many magazines and made into a TV animation because it was supported, but in my personal opinion, like Oba Q, Osomatsu-kun, Bakabon, Doraemon, history. I believe that it is a hero who can become a powerful character that is marked with. I want Eto to soften the hearts of Japanese people because of the current age.

Read the second part ...

Shotaro Ishinomori I saw