Ishimori Pro thinks manufacturing,
Creators' messages.
In this issue,

Hideki Tajima.

【Things that should not be broken】

For example, teachers of manga artists in Tokiwasou are said to be masters in the world.
The works that they painted are certainly deified.
People of the generation who grew up reading it did not want us to break the original.
For example, even if you make it anime, I do not want you to change the speech, and I want the character to move with "original as it is".
I really understand my feelings and I think that it is reasonable.
Just I ... ... It is not a point of view whether it is a fan or a fan of a work ... ...
If you bring it to a different media like video, you want to see something different from the original.
It is, of course, wonderful that the original picture moves as it is.

Kamen Rider 1

Character design of the movie version "Masked Rider 1" released in March 2016.

2001年放送のテレビシリーズ「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」。誕生編からヨミ編など、原作マンガのエピソードを基に映像制作された。

個人的には、原作とまったく同じ話を、同じ絵で、アニメにしたり実写にしたりするのは、
あまり面白さがわからないというか……。
媒体を変えて同じことをやるより、せっかくなら全く違うことをやった方がいいし違うものを観たいと思う。
自分はそっちの方が好きなんですね。
ただ絶対に揺るがしてはいけないのは、芯の部分。たとえば仮面ライダーなら「運命と闘う」とか。
改造されているか否かといった設定ではなく、仲間がいても基本的に孤高であるとか、
背負ってしまっているものがあるとか、いわゆるコンセプトです。
2001年版アニメ009を制作したときに監督たちとも話したことですが、
たとえば「サイボーグ009」というタイトルは「島村ジョー」を指すのでなく「9人全員」を指すんだ、
と僕はずっと言っていた。だから誰かが“沈む”のはいやだ、と。
一人欠けても成り立たない、9人のチームなんだと。
一人一人が完全ではなく欠けていて、それを補い合いながら闘うのが、やっぱり009という作品のコンセプトであり、
良いところですから。
どんなオリジナルストーリーをつくったとしても、その根幹は必ずぶれないようにしています。