「章説 トキワ荘の青春」が10月23日に中公文庫から発売されます!

NEW 「章説 トキワ荘の青春」が10月23日に中公文庫から発売されます!

石ノ森章太郎が「章説」として文字でつづったトキワ荘での日々が、10月23日(火)に中公文庫から発売されます!

高校卒業とともに故郷の宮城県から上京し、本格的にマンガ家の道を歩み始めた石ノ森章太郎。
その後入居することになったトキワ荘で過ごした数年は、「私にとって、青春そのものであった…」といいます。

ともに日夜を過ごした、同年代の仲間たちにまつわる思い出や、マンガ家として歩みだす後押しをしてくれた姉・由恵さんとのかけがえのない日々……。

 「とにかく、恐ろしい程につらいあの瞬間も含めて、楽しいこともまた山程あったトキワ荘の数年だった。その数年が、ボクの青春時代だった。いや、数年などとは言うまい。その時間は、現在でもボクのからだの中に残っている。———
 そう、青春には区切られた時間などない。ここではもはや、正確な時間と空間など意味をなさないのだ。
 これは、ある年、ある日、ある時間に生きた、生きている、ボクとその素晴らしき仲間たちの、二度とない、そしてあなた方の何度も繰返されることになる、青春の“物語”である。」(本文より)

ときに迷い、悩みながらマンガに向き合っていた若き石ノ森章太郎の、まさに青春の風景が、みずみずしく描かれた一冊です。

今夏の24時間テレビにて放送されたドラマスペシャル、「ヒーローをつくった男 石ノ森章太郎物語」で登場したエピソードも。

あとがきは、竹宮惠子先生が、特別寄稿してくださいました。

ぜひこの機にご一読ください。

**********************************

豊島区椎名町トキワ荘に集まった漫画家との熱き日々を、石ノ森の視点から描いた記録。寺田ヒロオ、藤子不二雄(藤本弘・安孫子素雄)、鈴木伸一、森安直哉、つのだじろう、赤塚不二夫、水野英子らにまつわる笑いと涙の交友録。〈特別寄稿〉竹宮惠子

中公文庫
タイトル 章説トキワ荘の青春
著者名  石ノ森章太郎
ページ数 288ページ
定価 本体800円(税別)
発売日 10月23日