石森プロ公式ホームページ | Cyborg009原作特集 富士通BSC
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
23013
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-23013,page-child,parent-pageid-23017,qode-listing-1.0.1,qode-social-login-1.0,qode-news-1.0,qode-quick-links-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,bridge-child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

富士通BSC広告企画の紹介

「サイボーグ009」の面々は、富士通ビー・エス・シーの広告塔として近年活躍しています。2013年から実施され、以来、日本産業広告賞、ビジネス広告大賞等で何度も受賞を果たしました。作品やキャラクターの発信するメッセージが企業メッセージとつながった事例として、イラスト制作に携わった田嶋秀樹(石森プロ)のコメントとともにご紹介いたします。

www.fujitsu.com/jp/group/bsc/

石森

富士通ビー・エス・シー向けのイラストは、どういった依頼内容で描くことになったのでしょうか。

田嶋

原作タッチで、とリクエストを受けました。ポージングに関しても大まかな指定がありました。全員立ちポーズということだったので、目立って激しいポーズをとっているキャラクターはいませんね。今回はデザインワークとしてイラスト制作を行いましたし、構図やポーズに関しても比較的明確なリクエストをいただいていたので、こちらからのイメージ提案を行うよりは、その意向に沿えるよう意識しました。ただ原作タッチで、といっても当然石ノ森先生本人ではないので、全く同じタッチで描くことはできません。主旨を汲みとりつつ、自分が解釈する原作版009のタッチで描きました。

石森

一番描きづらかった(難しかった)キャラクターは?

田嶋

……その質問が難しいですね。全部難しいですよ(笑)。まぁ誰が描いてもそう“離れない”、いわば一番記号化されているのは、006:張々湖。逆に、描く人によって全然変わるのが003:フランソワーズ・アルヌール。そういった観点でいうとフランソワーズかな。そもそも石ノ森先生の絵も、連載期間によって全然顔も違います。過去のアニメ作品ごとにも、もちろん違うし。おそらくファンの皆さんの頭の中でも「自分にとってのフランソワーズ」は、それぞれ違っているんじゃないでしょうか。みんな違う理想やイメージを持っていると思うので、そもそも「正解」はすごく難しい・・・。だから、今回のイラストがいいって言ってくれる人もいれば、これはジョーとかフランソワーズのイメージと違う、と言う人も当然いる。そういった方には「スミマセン」としか言えないですし、僕自身も「これがベスト」とは思っていません。でもこのイラストを、富士通ビー・エス・シーさんが「良い」と言ってくれたので、自分としてはクライアントに対して応えられたつもりです。まだまだ技量不足は否めない、と思っていますが……。難しいです、「石ノ森先生の絵」は。

石森

ちなみに一番好きなキャラクターは?

田嶋

004:アルベルト・ハインリヒ。(石森プロ入社前に)2001年放送のTVアニメシリーズを制作していたときに、思い入れを込めてつくったキャラクターだから、という点もあると思います。原作マンガでは、初期の004はかなり若かったと思いますが、2001年版アニメの際は、ジョーやジェットを見守るお兄さんという感じで年齢設定も上げました。マンガでいうと後期に近いイメージですね。ヒルダという亡くなった恋人のことを胸に大事にしまいながら、口数少なく、漢(おとこ)な感じ。実際、男性人気は一番高いんじゃないかな? ハードボイルドな感じで。

石森

この広告シリーズは、実施以来、度々、広告賞も受賞しています。

田嶋

“絵”に対して賞をいただいているわけではないですから、広告を制作されている皆様の功績と思います。自分の絵がその助力になったならば嬉しいです。僕はパーツを作っただけで、それを基に構成している方々がいるのですから。ただ、もし次があったら、今度はできれば「どういった完成形にしたいのか」という構図やイメージから詳しく伺ってみたいと思いますね。その上でどういった絵がハマるかということを考えられると、さらにもう一段階上に行けるかなと。自分は“作家”ではありませんし、組織に属しているチームの一員ですから。俺が俺が、ではダメなんですよ。会社である以上、受注者・発注者が求めるものには応えることが重要だし、「自分はこう思う」と我を通すことよりも「相手を喜ばせる」「相手が望むものに応える」ことを大事にすべきと思っています。好きなようにやっていい、と言ってもらえればもちろんそうしますが、相手に「こういう方向性にもっていきたい」という希望があれば、まずそのリクエストに報いることが最重要なんです。僕は、人と仕事をする・・・・・・人に喜んでもらえることが、一番好きなので。