石森プロ公式ホームページ | 石ノ森章太郎について
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
16671
page-template-default,page,page-id-16671,qode-listing-1.0.1,qode-social-login-1.0,qode-news-1.0,qode-quick-links-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-12.1,qode-theme-bridge,bridge-child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.2,vc_responsive

石ノ森章太郎について

1938

1938年1月25日
宮城県登米郡石森町に父・康太郎、母・カシクの長男として生まれる。(姉・弟2人・妹の5人兄弟):本名小野寺章太郎。

1950

1950年
中学生になり、近所の子たちを集め、正岡子規の句集に名を借り、マンガ同人誌「墨汁一滴」を作るが、2号であえなく廃刊。
翌年(中学2年)、「毎日中学生新聞」の漫画投稿欄に4コマを初投稿、入選。投稿マニアになる。
1953年
高校1年の夏休み「漫画少年」の投稿仲間らと「東日本漫画研究会」を作り、肉筆回覧誌「墨汁一滴」創刊号を作る。翌年5月(高校2年の春)手塚治虫氏より電報。”シゴトヲテツダッテホシイ”・・・
学校を休んで上京。中間テストをはさんでアシストをする。
1954年12月
「漫画少年」新年号からの「二級天使」の連載でデビュー。

1956年宮城県立佐沼高校卒業と同時に上京。西落合に下宿、漫画家生活に入る。同5月、トキワ荘に移る。同月15日、お姉さんが上京。トキワ荘仲間が中心の「新漫画党」第2次党員(党首・寺田ヒロオ)となる。

1957年年初
書き下ろし「火の鳥風太郎」のすべてをつぎ込み、最新ハイファイステレオ(レコードプレーヤー)を買う。
翌年4月4日、上京中のお姉さん亡くなる。
1959年
手塚治虫の誘いで東映・長編漫画「西遊記」の企画制作に参画。

1960

1961年8月
各出版社から原稿料を前借りし、集英社”取材記者”の肩書で出国。シアトルの「SF大会」に出かけ、そのまま世界一周(70日)に。
1962年
トキワ荘転出。
1963年5月
アニメーション制作会社「スタジオ・ゼロ」を鈴木伸一らと設立。
1964年
利子夫人と結婚(仲人・手塚治虫)。同年12月、日本漫画家協会(現・社団法人)の発足と同時に入会する。
1966年
「ミュータント・サブ」「サイボーグ009」で第7回講談社児童まんが賞受賞。
1968年
「ジュン」「佐武と市捕物控」で第13回小学館漫画賞受賞。

1970

1973年
「仮面ライダー」の作詞でコロムビア・ゴールデン・ディスク賞、ゴールデンヒット賞の各賞を受賞。

1980

1980年10月
「原稿7万枚突破記念・マンガ家生活25周年記念パーティー」開催。
1981年
公益社団法人日本漫画家協会常務理事に就任。トキワ荘同荘会(同年12月2日に解体された)
「まんぱく音頭」100万枚突破記念、
ゴールデン・ディスク賞をキャニオンレコードより受賞。
「仮面ライダースーパー1」で再び、コロムビア・ゴールデン・ディスク賞を受賞。
1984年12月
「少年文芸クラブ(現・創作集団プロミネンス)」に入会。
1986年7月1日
デビュー30周年を機に、初心にもどるべく”そう呼んでもらえるはずだった石ノ森”に改名
1987年
「マンガ日本経済入門」が「現代用語の基礎知識」選の、日本語・流行語大賞・大衆賞を受賞。
1988年
「HOTEL」等で第33回小学館漫画賞受賞。「マンガ日本経済入門」で第17回日本漫画家協会賞・大賞受賞。「一般財団法人日本ホテルスクール教育センター」評議員に就任。「メディア・コミックLACの会」に入会。
1989年9月
「日本テレビ放送網株式会社・番組審議会」委員に就任。同時に文字放送の審議会である「アクセス・フォア番組審議会」の委員も務める。
中田町”名誉町民賞”を受賞。

1990

1990年10月
「経済審議会(経済企画庁)」臨時委員に就任→91年12月まで。
日本酒が似合う人に贈られる「日本酒大賞」に選ばれる。
「年間最優秀プロデューサー賞を選ぶ会」より”1990年度最優秀プロデューサー賞”を受賞。
1992年4月
「太陽の会」理事長に就任。
顧問には海部俊樹、橋本龍太郎など。
1993年
財団法人・水と緑の惑星保全機構の評議員に就任。
なお同年12月から’96年3月まで「児童生徒の読書に関する調査研究協力者委員会議(文部省)」の協力者も務めた。
1994年1月1日
ストーリー漫画化親睦の会「マンガジャパン」発足と同時に代表世話人に就任。
1995年
「上田市マルチメディア情報センター」オープンと同時に、名誉館長に就任。
1996年9月
「東アジアMANGAサミット’96」議長を務める。
みやぎ夢大使に就任。
1997年3月16日
石ノ森章太郎45周年に向けての総合イベントである”石ノ森萬画館”が故郷・中田町を皮切りにスタート。3年間をかけて、日本全国を巡回。岐阜県「世界イベント村ぎふ」の初代名誉村長に就任。
「’97アジア漫画韓国大会」においてアカデミー大賞を受賞。
1998年1月28日
東京・お茶の水順天堂病院で逝去。
享年60歳。生涯の全作品に対し、勲四等旭日小緩章、日本漫画家協会賞、文部大臣賞を授与。
マンガとマンガ界への長年の貢献に対して、手塚治虫文化賞・特別賞を授与。
1999年
アジア、さらには世界の漫画界に与えた影響、そして偉業に対し、アジアマンガサミット台湾’99漫畫精神奨を授与する。
「燃えろ!!ロボコン」であのロボコンが25年ぶりに復活。

2000

2000年7月20日
故郷、中田町に「石ノ森章太郎ふるさと記念館」(中田町立)がオープン。「仮面ライダークウガ」でライダーシリーズが復活!
2001年7月23日
宮城県石巻市に「石ノ森萬画館」がオープン。「人造人間キカイダーThe Animation」「サイボーグ009」と立て続けに代表作がアニメーションとして復活を果たす。
平成ライダーライダー第二弾「仮面ライダーアギト」放映開始。
2002年
平成ライダー第3弾「仮面ライダー龍騎」放映開始。
ライダーシリーズに新たなる境地を開拓し、大きな話題を得る。
石ノ森作品が次々とリリース開始。
2003年
平成ライダー第4弾「仮面ライダー555」放映開始。
いまだ彼のスピリッツは生き続け、幾多の作品を送り続ける。
2004年1月
平成ライダー第5弾「仮面ライダー剣」放映開始。
石ノ森が生きていたら66歳の誕生日となる1月25日より放送された。
2005年
平成ライダー第6弾「仮面ライダー響鬼」放送開始。
2006年1月
平成ライダー第7弾「仮面ライダーカブト」放送開始。
10月
原作「009ノ1」が「009-1」(ゼロゼロナインーワン)として初テレビアニメ化、TBS系にて放送され、話題を呼ぶ。
2007年1月
平成ライダー第8弾「仮面ライダー電王」放送開始。
4月
今でも続く仮面ライダーシリーズの原点となった「スカルマン」(1970年)が初テレビアニメ化!
2008年
平成ライダー第9弾「仮面ライダーキバ」放映開始。
1月24日
ギネス・ワールド・レコーズから「一人の著者によって出版された最多コミックの記録」として世界記録の認定を受ける。