夏休み!“石ノ森章太郎”に会いに行こう!

石ノ森章太郎の故郷・宮城県には、石ノ森ワールドを体感できる場所が2か所あります。萬画家(マンガ家)・石ノ森章太郎のイマジネーションの宇宙へ旅行に出るも良し!若かりし石ノ森少年の原風景を辿る旅路もまた良し!ぜひこの夏、石ノ森の世界を体感しに、おいでよ東北!おいでよ宮城!

石ノ森章太郎ふるさと記念館

館内には貴重な原稿や資料が展示されており、作家の足跡をたどることができます。また館から徒歩1分の所には、石ノ森の生家が今も残っています。部屋も机も当時のまま。入場無料で中に入ることができます。作家生活の原点ともいえる、投稿少年・石ノ森章太郎が過ごした空間。決して広くないその部屋の窓から、当時彼が見ていた原風景や、膨らむ想像の世界を体感できるかもしれません。また現在、「手塚・石ノ森 ヒーローズ展」が開催中です。手塚治虫、石ノ森章太郎の貴重な生原画や、影響を受け合った二人の関係、また、石ノ森が描いた鉄腕アトムも展示されています。数々のマンガ作品を生み出した石ノ森が、高校生まで過ごした環境は、当時の景色とは様変わりしているかもしれませんが、今でも変わらぬ自然や風土を感じられます。作家性を育みながら少年時代を過ごした故郷を、ぜひ体感しに行ってみてください。

アクセス :宮城県登米市中田町石森字町132 仙台から車や電車で約1時間半
公式サイト:http://www.city.tome.miyagi.jp/kinenkan/

石ノ森萬画館

「石ノ森萬画館」は、石ノ森がデザインした“宇宙船”です。楕円形をした船の中は、作家のイマジネーションの宇宙から生まれた、たくさんのキャラクターたちで溢れています。「サイボーグ009」や「仮面ライダー」シリーズなど、キャラクターのアトラクションで遊べるスペースや、石ノ森作品の世界を、見て・触れて楽しめる展示物が盛り沢山!石ノ森萬画館限定のオリジナルグッズも多数取り揃えており、ここでしか買えない限定アイテムはお土産にぴったりです。現在、仮面ライダーなどのイラストを多数描かれている菅原芳人氏の「菅原芳人WORKS展」が開催中。常設展示も石ノ森作品に見て触れて楽しめる内容となっております。さらに街中には、石ノ森作品のキャラクターの立像があちこちに立っていて、新鮮な海鮮料理店、オシャレなカフェもあり、一日中遊べます!

アクセス :宮城県石巻市中瀬2-7 仙台から車や電車で約1時間
公式サイト:http://www.man-bow.com/manga/




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。