石森プロ公式ホームページ | 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
18108
page-template,page-template-live_action_film,page-template-live_action_film-php,page,page-id-18108,page-child,parent-pageid-18138,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

仮面ライダー響鬼(ヒビキ)

放送年 2005年~2006年

話数        全48話

©石森プロ・東映

仮面ライダー響鬼のストーリー

ぼくたちには、ヒーローがいる。

日本には古来から鬼と呼ばれる者たちが存在していた。彼ら鬼は「魔化魍(まかもう)」という物の怪と戦い、人々を守っていた。そしていつしか、鬼は組織を組み、猛士(たけし)と呼ばれるようになっていた。

中学3年生の少年、安達明日夢は、法事で屋久島を訪れていた。親戚のお姉さんと山奥に入ったところを怪物に襲われるが、そこに現れた一人の男に助けられる。彼の名はヒビキ。だが、ヒビキが気になり引き返した明日夢は、鬼と妖怪が戦っているのを目撃した・・・・・・。ヒビキは、鬼の響鬼として、妖怪と闘っていたのだ。お姉さんと明日夢を助けたことをきっかけに、明日夢たちの実家に泊まることになったヒビキ。そして東京での住まいが近いことを知り、明日夢はヒビキのもとに通い始めるのだった。

キャスト

ヒビキ / 仮面ライダー響鬼 細川茂樹
安達明日夢 栩原楽人
LINEで送る
Pocket