石森プロ公式ホームページ | CYBORG009 CALL OF JUSTICE
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
20805
page-template,page-template-animated_film,page-template-animated_film-php,page,page-id-20805,page-child,parent-pageid-20801,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive

CYBORG009 CALL OF JUSTICE

公開年 2016年

©2016「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」製作委員会

CYBORG009 CALL OF JUSTICEのストーリー

世界に危機が迫る時、彼らはいつもそこにいた

人智を超えた異能を持ち、太古より人類の歴史を操ってきた存在、「ブレスド」。彼らが再び、不穏な胎動を始めた。戦いの暗雲が、世界を覆い始めようとしていた――。

「ブレスド」の存在に勘づいたジャーナリストのルーシー・ダベンポート。彼女は009こと島村ジョーをはじめとするゼロゼロナンバーサイボーグたちのもとを訪ねる。冷戦下で幾度も平和の危機を救ってきたサイボーグ戦士たちだったが、国連軍ガーディアンズ設立以来、その使命から離れ、今はアメリカ・テキサス州で静かな隠遁生活を送っていた。

ルーシーがサイボーグたちに渡したのは、亡き父から託された謎のキューブ。ブレスドの鍵を握るそのキューブを開けたとき、突如、ブレスドのメンバー“カウボーイ”の襲撃を受ける。そして、もう一人のメンバー“ティーチャー”も009たちを狙ってテキサスへ向かっていた。

そんな中、国連軍ガーディアンズもまた、サイボーグたちの行動を問題視し始めていた。サイボーグたちが失地回復のために自作自演の事件を起こしているという疑惑の目を向けたのだ。四面楚歌の中、009たちは安息の地を捨て再び新たな戦乱の中へと身を投じる事となる。

人は戦いを忘れることはできないのか。人類の未来はどこへ向かうのか。

サイボーグ戦士、誰がために闘う――。

キャスト

009/島村ジョー 河本啓佑
003/フランソワーズ・アルヌール 種田梨沙
001/イワン・ウイスキー 福圓美里
002/ジェット・リンク 佐藤拓也
004/アルベルト・ハインリヒ 日野聡
005/ジェロニモ・ジュニア 乃村健次
006/張々湖 真殿光昭
007/グレート・ブリテン 佐藤せつじ
008/ピュンマ 石谷春貴
ギルモア博士 杉崎亮

スタッフ

総監督 神山健治
監督 柿本広大
脚本 神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美
キャラクターデザイン 齋藤将嗣
音楽 池頼広
アニメーション制作 SIGNAL.MD、OLM Digital,Inc.