石森プロ公式ホームページ | サイボーグ009 超銀河伝説
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
20826
page-template,page-template-animated_film,page-template-animated_film-php,page,page-id-20826,page-child,parent-pageid-20801,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

サイボーグ009 超銀河伝説

公開年 1980年

©石森プロ・東映

サイボーグ009超銀河伝説のストーリー

石ノ森章太郎総指揮。宇宙を舞台に描かれたスペクタクルロマン。

コマダー星人の宇宙船イシュメールが、地球へと逃亡してきた。中から現れた少年サバは、ダガス星の帝王ゾアに母星を侵略されて脱出した、唯一の生き残りである。全宇宙の支配を企む悪の権化ゾアは、サバの父親コルビン博士とギルモアの友人・コズモ博士、イワンをもさらい、カデッツ要塞星に幽閉した。超エネルギー・ボルテックスを手に入れるため、その知識を持つ者を利用しようというのだ。

博士たちを救出すべく、宇宙へと旅立ったゼロゼロナンバーたちだが、船の修復のために立ち寄った星、ファンタリオンにもゾアの魔手は伸びていた。怪人ロダックに囚われた王女タマラを救い出したのも束の間、ダガス軍の攻撃に、星は全滅させられてしまう。

怒りに燃えてカデッソ要塞星へと潜入する一同だが、ゾアは既に準備を終え、ボルテックスを手に入れるべく出発しようとしていた。ハインリヒはカデッツ要塞星を道連れに特攻、残されたジョーたちはゾアを追い、そこでボルテックスの正体を知るのだった…。

キャスト

009/島村ジョー 井上和彦
003/フランソワーズ・アルヌール 杉山佳寿子
001/イワン・ウイスキー 白石冬実
002/ジェット・リンク 野田圭一
004/アルベルト・ハインリヒ 山田俊司
005/ジェロニモ・ジュニア 田中崇
006/張々湖 はせさん治
007/グレート・ブリテン 肝付兼太
008/ピュンマ 曽我部和行
ギルモア博士 八奈見乗児

スタッフ

原作/総指揮 石森章太郎(現:石ノ森章太郎)
監督 明比正行
脚本 中西隆三
脚本協力 ジェフ・シーガル
作画監督/アニメ・キャラクターデザイン 山口泰弘
メカニック作画監督/メカニックデザイン/美術総設定 角田紘一
音楽 すぎやまこういち
制作 東映動画(現:東映アニメーション)
LINEで送る
Pocket