石森プロ公式ホームページ | 佐武と市捕物控
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
17663
page-template-default,page,page-id-17663,page-child,parent-pageid-17124,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

佐武と市捕物控

佐武と市捕物控のストーリー

捕縄術や十手術を駆使する岡引の佐武と、その相棒である盲目の按摩~居合剣の達人・市。花の御江戸の八百八町、闇に隠れる悪を斬る為、今日も二人は駆けていく。二人の技が冴え渡る爽快なアクションもさることながら、推理サスペンスとしてのレベルも高く、また、単なる「捕物」ということに留まらず、その「捕物」を通して描いた人間ドラマは深く、心に染みわたります。さまざまなアイデアと魅力的な石ノ森のキャラクターが絶妙なバランスで至高の作品として完成し、多くのファンから賛美の声が寄せられました。30年もの間描き続けられたこの作品は、石ノ森自身が最も愛し、そしてファンからも愛された、紛う事無き彼のライフワークにして最高傑作のひとつといえる作品なのです。

先生のコメント

「少年サンデー」では、不定期掲載のシリーズ作品であった。そのためもあってか、意欲(的に描いていた、と記憶する)作のつもりであったが、評判はもうひとつで、あった。ちょっと“大人っぽ”過ぎる。もっとわかり易く、と何度も注意もされた。で、昭和43年、「ビックコミック」という成人コミック誌の創刊と同時に、そちらに移した。画風・ストーリーの容量、テーマなども大幅に変えた。

同一キャラクター、同一モチーフの作品が、ターゲット(読者層)の変化によってどう変質していくか、「少年サンデー」版と「ビックコミック」版を比較すると、よく分かってとても面白い、と思うのだが・・・・・・。

佐武と市捕物控のギャラリー

佐武と市捕物控の登場人物

佐武

小伝馬町の佐平次親分の下っ引。熱血漢であるが、情にもろい面もある。縄術と手作りの十手を組み合わせ、数々の捕縛術を得意とし、按摩の松とのコンビで次々と事件を解決していく。

松の市

盲目の為按摩をしているが、その推理力や洞察力を活かし佐武を助ける居合い抜きの達人。

みどり

佐平次の娘。母親はみどりを産み、直後に亡くなってしまい、男手ひとつで育てられた。

佐平次

佐武の親分で“鼻の佐平次親分”と呼ばれる小伝馬町の岡っ引。

田辺安之進

佐平次と佐武と上役にあたる同心。

Pocket
LINEで送る