石森プロ公式ホームページ | マンガ日本の歴史
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
17667
page-template-default,page,page-id-17667,page-child,parent-pageid-17124,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

マンガ日本の歴史

マンガ 日本の歴史 倭人のストーリー

 紀元前300年ごろ縄文時代後期、日本では食べ物は狩猟、漁撈などの自然物採集の時代であった。

 その頃すでに、米の栽培を行う農耕文化を営んでいた南朝鮮から渡来した人々が、当時の縄文人とまじりあって、新しい弥生人を作り出していったのである。

 農耕とともに、渡来人から伝えられた青銅器、鉄器、弥生土器は人々の生活を大きく変えた。

 農耕によって穀物などの食物が蓄えられるようになると、村には多くの人が集まるようになり、より多くの畑を作ることが出来るようになっていった。

 人が集まり、村が大きくなっていくと、やがて村同士のいさかいが始まるようになっていく。

 いくつものいさかいが戦という形で、解決され、やがて、勝者の村長(むらおさ)は王を名乗るようになっていく。

 国内に100いくつものクニが出来ていく中、クニの権威をつけるために、朝鮮楽浪府(らくろうふ)に貢物を送り国を認めてもらおうとするクニが現れる。

 紀元57年、そうしたクニの中でもぬきんでて大きな力を持った奴国(なごく)が、倭(日本)を統一するためのよりどころとするために、漢の皇帝に貢物を送った。皇帝は、奴国王の印として金印をおくったのであった。

マンガ 日本の歴史のギャラリー

LINEで送る
Pocket