石森プロ公式ホームページ | がんばれロボコン
株式会社石森プロは、石ノ森章太郎没後も愛され続けている同氏の作品のライセンス管理をする会社です。
石ノ森章太郎,仮面ライダー,サイボーグ009,キカイダー,ロボコン
17664
page-template-default,page,page-id-17664,page-child,parent-pageid-17124,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

がんばれロボコン

がんばれロボコンのストーリー

 「ロボット・ランド」で作られるロボットたちは、人間にサービスするのが仕事だ。ロボコンはサービスの基礎を身に付けていないため、ガンツ先生から人間界へ行くことを止められていた。しかし、やる気一杯のロボコンの情熱の前にそんな制止が効くはずもなく、ついにロボット・ランドを家出し人間界にやってきた。人間界では大山家に拾われサービスをすることになるのだが、やる気はあるが常識のないロボコンは大山家の人々の指示を誤解し、毎回大惨事となるのである。しかもロボコンの燃料はガソリン。お父さんの自動車からガソリンを盗み飲みするために大山家の財政も大打撃を受けるのである。しかしどんな失敗もロボコンをとどめることはできない。いつか必ず成功して、人の役にったった印のハートマークをたくさんもらって一人前のロボットになるために今日もロボ根性で前のめりに迷惑をまき散らすのだった。

先生のコメント

ISFC(石ノ森章太郎ファンクラブ)の集会で、まっかな雪だるまのようなロボコンのデザインを持ってきた作者は「こんどの作品の主人公なんだ。かわいいだろう」とファンに見せてくれた。自信の表れといえよう。

がんばれロボコンの登場人物

がんばれロボコンの登場人物

ロボコン

一人前のロボットになるために修行中のロボット。やる気はいつも空回り、そのため周りを巻き込んで被害を広げている。

ガンツ先生

ロボット・ランドの先生。生徒ロボットたちの行動をモニターし、ハートマークを与えるかどうかの評価をしている。

ロビンちゃん

ロボコンのあこがれのかわいいバレリーナロボット。

お父さん

大山家の主だが、ロボコンを拾ったっために毎回悲惨な目にあっている。

お母さん

ご近所にお手伝いロボットを買ったと嘘をついたために、ロボコンを追い出すわけにもいかず頭を抱えている。

お姉さん

隣の巻田くんが気になるお年頃だが、ロボコンが手伝うたびに関係がこじれていく。

LINEで送る
Pocket