「HOTEL」7/30コンビニコミック発売開始!

大型ホテル・プラトンを舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描いたヒューマン・ドラマ「HOTEL」がコンビニコミックとして発売されます。

初回となる今回は、HOTELの始まりにふさわしい色濃いストーリー満載です。
タイトルにもなった「女優」では、脚光を浴びる“女優”と“普通の女性”との間で揺れる心情が思わぬ行動となり・・・、名作と言われる「ネバーチェックアウト」では、ある老詩人の純粋な愛の姿をHOTELに映し出し、「109の鐘」では、料理人見習いだけでなく、新米の頃誰もが感じた事のあるエピソードが・・・

HOTELの主人公は、特定の誰かではなく、そこに関わる人々です。HOTELでのそれぞれの物語をお楽しみ下さい。

また、今回は、この企画をプロデュースしたリイド社のご担当者にコメントをいただいております。作り手の思いが少しでも皆様に伝わる事が出来れば幸いです。

リイド社ご担当者さまよりのコメント

石ノ森章太郎という存在は、今なお僕の心の見えないところにずっと居続けている。

石ノ森先生が描くその圧倒的な世界観に、小学校四年生の頃の僕は、すでに虜になっていた。
いつか大人になったら、こういう漫画を描きたい。そう純粋に思っていた。それが夢だった。

しかし年齢を重ねるにつれ、石ノ森先生の才能と自分のそれとの開きは、瞭然たるものとなっていった。
僕はいつしか、漫画を描くことをやめていた…

やがて僕は大人になり、漫画編集者という道を選んだ。
そして再び、大人の僕は大きな夢を描くようになっていた。

僕を育んだ「石ノ森章太郎の漫画をもっと多くの人に読んでもらいたい」というもの。

そんな折、石ノ森章太郎先生「HOTEL」でシナリオを担当していた大石賢一さんと、
とある仕事がきっかけで繋がりを持てた。
大石さんと色々話をしていくにつれ、隠しきれない高まっていく気持ちがあった。

「石ノ森先生の漫画を、僕が再び編集して、世に出したい」。

その想いを具現化するのに、うってつけだったのは「コンビニ本」だった。
だれでも手軽に、しかも安価に、石ノ森章太郎の世界を楽しむことができるからだ。

そこから紆余曲折を経て、大石さんや石森プロのご協力のもと、
この度コンビニ本「HOTEL」を発行するに至った。

1989年に石ノ森先生は、「漫画」を「萬画」とする宣言をした。
その主旨の中に「画は万画(よろずが)です。あらゆる事象を表現できるからです。」というものがある。
漫画で表現出来ないものなどない。そう豪語した。

この度、発行する「HOTEL」は、石ノ森先生が「萬画」の表現の限界まで挑んだ意欲作だと思っている。
「HOTEL」では、想像を絶するような色々な事件が起こる。
逆に言えば「HOTEL」ほど、何が起こるかわからない場所はない。

「HOTEL」という存在自体が、もしかしたら「萬画」そのものかもしれない。

「どんな事象が起きても、それを再現してみせる。」

読み手としては、石ノ森先生が自身に課したそのギリギリの挑戦を、毎回果たしているかのように思えた。

「萬画」の真骨頂ともいえる「HOTEL」。
石ノ森先生が飽くなき挑戦者だったことが、読んでいただければわかるであろう。

*今回担当編集している齋藤紘史氏の「HOTEL」企画書の一部

HOTEL」リイド社 定価500+

漫画:石ノ森章太郎 シナリオ:大石賢一




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。